UQモバイルでテザリングはできるのか?

テザリング(tethering)の技術を使う頻度って多い人もいると思います。※テザリングとはスマホ等を使って別の端末をスマホの回線に繋げて使用する技術のこと。

  • 外出先でパソコンを使用する人
  • 外回りが多いサラリーマン
  • 出張が頻繁にある人
  • カフェでPCを開いて作業するフリーランス

今まで大手キャリア(softbank、au、docomo)でテザリングしていたけど、格安SIMに乗り換えて急に「テザリングが使えない」状態になってしまったら困りますよね。UQモバイルではテザリングは問題なく使えるのでしょうか。

UQモバイルでテザリングは完全に無料

UQモバイルは完全に無料でテザリングを使うことが出来ます。別途申し込みを行う必要はありません。※別の格安SIM(MVNO)によってはオプション費用が掛かるケースもあります。

このオプション追加により月のスマホ代が結局上がってしまうことも…

テザリング対応の端末かどうかを調べる

まず初めに格安SIMのUQモバイルでテザリングを利用するならテザリングに対応している端末かどうかをチェックしなければなりません。対応機種かどうかはコチラでチェックできます。

参考:http://www.uqwimax.jp/products/mobile/sim/devices/

実は使えない端末と使える端末があるんですよ…

iPhone7以降のiPhone8やiPhoneXはテザリング対応がされていません。iPhone6sより以前の端末はほぼ適応されています。今後対応されていく可能性はあります。

テザリングの設定は簡単

今までの大手キャリアと同じ手順でテザリングは利用可能です。使用するOS次第で設定の手順はやや異なりますが流れは一緒です。

例:iPhoneの場合

  1. スマホ画面の【設定】をクリック
  2. 【インターネット共有】をクリック
  3. 【インターネット共有】をONの状態にする
    ※Wi-Fiのパスワードも同じ画面に表示されているのでチェック
  4. Wi-Fiのパスワードをテザリングしたいパソコンの【ネットワーク設定】に登録する
    ※右下にある電波アイコンから設定ができます。

テザリングって結構簡単なんです。上手く使えばスマホライフがもっと楽しくなるかも。

テザリングにも色々あるけど…

実はテザリングって色々な種類があるみたいですね。

  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

基本的に3種類ありますが、ほとんどの人が利用するのがWi-Fiテザリングです。Wi-Fiテザリングなら速度も速いですし、一度設定すれば次からはパソコンを起動させれば自動的に繋がるので楽です。(パスワード入力は必要なし)

スマホのバッテリー消費に注意

テザリング(Wi-Fi接続)はバッテリーの消費が速くなります。Wi-Fiの電波を飛ばし続ける状態になるからです。

外でテザリングをする場合は…

  • モバイルバッテリーを持参する
  • 電源付きのカフェやレンタルスペース・フリースペースを使う

これらの対策をとるようにしましょう。

UQモバイルの節約モードでテザリングも無限に

UQモバイルには高速モードと低速モードでデータの速度をスイッチできるシステムがあります。低速モードへ切り替えれば通信費が発生しないのでネットがし放題の状態になります。その代わり速度は低下しますけどね。

UQモバイルなら低速でも快適

UQモバイルは他社の格安SIMに比べても低速モードは速いのが特徴です。LINEやTwitter、ネットサーフィン程度なら支障は出ません。動画再生、画像を含めたSNSへの投稿、ビデオ電話などの大きな通信量を使うのは不便だと思います。

節約モードへの切り替え方法

UQmobileポータルアプリをインストール
(アプリの取り方については公式サイトを参照)

節約モードへの切り替え方ですがUQモバイル専用のアプリをスマホにインストールして起動し切り替えのスイッチを押すだけです。

テザリングはポケットWi-Fiと同じ

スマホでのテザリングはポケットWi-Fiと同じです。外でネットをするからポケットWi-Fiを持っている人もいると思いますが、スマホのテザリングを上手く利用すれば月額のネット代はさらに安くなると思います。

  • スタバでMacブックを開いて仕事をしてみたい
  • カフェやファミレスでちょっとしたミーティングをしてみたい
  • 外の会議室を借りてセミナーをしたい
  • 仕事のメール返信を外で行いたい
  • 公園のベンチとかでPC作業したい

どこでもパソコンをインターネットに繋げられるので夢が拡がります。UQモバイルなら安い速いのでメリットしかありません。ただし、端末の確認だけは忘れずに。